« 2013年4月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月18日 (土)

オバマのしるし

Musicman_artist59873_1

オバマ元大統領が任期を終了する直前の2015と16年の8月にホワイトハウスから公式リリースされたサマー・プレイリストなるものがとても興味深い。音楽通として知られるオバマが選んだ、夏のバカンスのBGM選曲集で昼編と夜編の計4集、各20曲ほどだ。やはり、といっていいのか過半数がブラックミュージック(広義での)で、ブルース、ジャズ、ソウル、ヒップホップ、ロック、ワールドミュージックとジャンルは多岐に渡り、時代も50’くらいから最近までと、これも様々。Spotifyという定額制配信サービスで聞くことができるけど、無料でサンプルをザザッと聞くことが出来る。リストを見るだけでは一見チグハグのようではあるが、聞いてみると意外に不自然ではない、かも。

Cplc_y9ukaaabrsjpgsmall

私が気になるのは、なぜオバマは任期終了までの2年でこれをやるのか、ということ。単なる趣味のご披露のようでもあるが、現役大統領が公式リリースしたもの、いや、たとえ公式でなくとも、やはりあの立場の人の一挙手一投足には意味があり、何か深い想いが込められているのではないだろうか。とくに私が注目したのは15年昼編のボブ・マーリィ・アンド・ザ・ウェイラーズの「So Much Trouble in the World(ソー・マッチ・トラブル)」、16年昼編のスペイン系フランス人、マヌ・チャオの「Me Gustas To(メ・グスタス・トゥ)」である。両者共にレベル・ミュージック(Rebel music=反抗の音楽)の雄であり、彼らの音楽をとくにRebelのターゲットである国の大統領がフェイバリットに上げているというのがなんとも奇妙だ。とくに現在も世界中をかけまわり音楽を通じて反グローバリズム(新自由主義が前提)を叫ぶマヌ・チャオが選ばれていることは意味深いはずだ。
結局のところオバマの8年間でもグローバリゼーションの波が弱まることはなく、日本もTPPや自衛隊の海外派兵に翻弄された。オバマはイラクからアメリカ軍を撤退させたが、アフガンはそのままだった。元国務長官のヒラリー・クリントンは軍需産業から多額の献金を得た見返りとしてリビアを武力干渉で無政府状態にしたり、反政府軍を支援してシリア内戦を煽った。リビアで回収した資産、武器、物資をISの支援として使ったという噂まである。実際に米軍機がIS拠点上空から武器物資を投下したことがバレて、バイデン副大統領が会見で「間違って落とした」と釈明している。それについてトランプは選挙前にオバマとヒラリーを一括りにして批判していた。オバマケアの草案は素晴らしかったが、結果的に低所得者と医療従事者をこれまで以上に苦しめることになり、保険企業だけが儲かる仕組みにされてしまった。オバマケアのいいところだけ残して作り替えるというトランプ公約の行方が気になるところだ。
いろいろあったけど、私は今でもオバマは平和主義者で弱者に寄り添った大統領だったと思っている(これは私の希望的妄想)。問題はアメリカの最高権力は大統領ではなく、金融企業、製薬企業、軍需産業などの多国籍企業であるということ。オバマが本当にやりたかった政策の大半は達成出来なかったのかもしれない。彼が神妙な表情で会見していた言葉のほとんどは大統領の立場ではなくワシントンの立場で語っていたのだと私は思う。
オバマは任期最後の会見の中でトランプ新大統領の就任に向けて「彼がどのような経験や思い込みを持ち込んだとしても、職に就けば目が覚めることになる」と語った。マスコミはこれを過激な言動を繰り返すトランプに対する“苦言”ということにしているが、あえて公の場で語ったことを考えると、トランプに向けたことと同時に、国民、または全世界に向け、理想と目標が何者かによって阻まれる現実を語ったのではないかと思っている。それよりもむしろ私はオバマとトランプが密室で膝を突き合わせて語ったことの方がよっぽど気になる。
さて、オバマが2016年昼編に選んだマヌ・チャオの「Me Gustas To(君が好き)」はシングルカットされた曲であり、政治色がもっとも薄く親しみやすいポップナンバーで、一部のファンからは「商業主義に走った」との批判もあったようだ。この曲が入っているアルバム「Proxima Estacion : Esperanza」はさまざまなサンプリングがコラージュされ、音が途切れず、あるストーリー性を持った内容になっている。実は「Me Gustas To」はアルバム中でその前の曲「La Primavera」と同じバックトラックが使われ、曲名さえ見なければ、ひとつの曲のようにも聞こえる。「La Primavera(春)」の歌詞を要約すれば「新しい政権は平和にする(Bye Bye Bom)ことを約束するが、いつも裏切られる」という具合だろうか。ちなみにこのアルバムのタイトル「Proxima Estacion : Esperanza」は日本語で「次の駅:希望」。オバマが選曲した時点で次の駅はまだ決まっていなかったが、果たして…。


ライブ・アレンジで完全に一体化したLa PrimaveraとMe Gustas To


曲名は「Politic Kills」。このスタジオライブではコートジボワールのレゲェ・シンガー、ティケン・ジャー・ファコリー、アルジェリア系フランス人のアマジーグ・カテブと共演。アマジーグ、または彼のバンド、グナワ・ディフュージョンも私のお気に入り。しかしアルバムではノリのよい早口のダンスホール・レゲエを聞かせてくれるアマジーグだけど、私が見たさまざまなライブ映像では、見ての通りのステージの上ではマグロ。にしてもマヌ・チャオのライブはどれを見てもカッコいい(リアルには見たことがないけど。YouTubeに感謝)。これも何度見ても曲後半の無理矢理アゲで身震いするほどのトリハダ、寒っ。10年ほどオリジナル・アルバムは出してないけど、そろそろ、という噂も。

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2017年3月 »