« オバマのしるし | トップページ | 旧ブログ最後の日記 »

2017年3月 6日 (月)

今日のつぶやき

3月6日(定休日)。
今日やらなければいけないことの優先順位は1.確定申告書類を中京税務署に提出する 2.職場に行って石けんを包装する 3.映画を観る。これらを終え、息子が小学校から帰る前に帰宅していなければならない。
確定申告書類を提出する早くて簡単な順位は1.必要書類を税理士さんに丸投げする 2.国税局のHPの自動入力ソフトを使って作成したデータを、そのまま送信する 3.国税局のHPの自動入力ソフトを使って作成したデータをプリントアウトして郵送する 4.手書きで作成した書類を郵送する 5.手書きで作成した書類を直接、税務署に持っていく。私は根っからのアナログ人間ゆえ、5の方法を取る。
今日観たい映画の順位は1.『お嬢さん』2.『アシュラ』 3.『ラ・ラ・ランド』。1は『親切なクムジャさん』や『オールド・ボーイ』のパク・チャヌク監督。2の主演は『グッド・バッド・ウィアード』がカッコよかったチョン・ウソンと『新しき世界』のお茶目な兄貴分、ファン・ジョンミン。どちらも韓国映画だ。3はこの先長くやりそうだから後回しでよい。映画の上映開始時間を中心に今日のスケジュールを組む。結局、朝9時から京都イオンのT・ジョイで2を見るのがスムーズなようだ。そんな調子で休日は普段より1時間も早く家を出ることが多い。
『アシュラ』は期待通りの出来だった。チョン・ウソン、名前はウソンでも私の直感(妄想)で彼は嘘をつかない目をしている。と思っていたら、今回はトム・クルーズみたいな目になっていた。思い過ごしだろうか。権力維持のために悪行の限りを尽くす市長(ファン・ジョンミン)と、末期ガンの妻を支えるため彼の犬となった悪徳刑事(チョン・ウソン)、そして市長の犯罪を追求するため暴走する検察捜査官らが激しく抗争を繰り広げるクライム・サスペンス。自身への疑いが追求されると、タイミングよく大勢のマスコミと聴衆の場に暴漢らが現れ、そこへ身を挺して事態を収める市長の自作自演。ちょっとマンガじみた話ではあるが、日本でリアルにこれに似ていると感じたことがここ数年で何度かある。それはいいとして、この手の韓国映画はまるで全編がクライマックスかと思うほど面白く、ラストは全員が入り乱れて血みどろ。『8時だよ全員集合!』のコントのようだと改めて思った。
京都駅からJRに乗って円町の中京税務署へ向かう。税務署から送られてきた書類には、今年からマイナンバーの記入を義務づけているかのように書かれている。どうしても嫌というわけでもないが、セキュリティが万全となり、ある程度の適用範囲が決定するまでは自分の番号を外に持ち出したくはないし、法的な強制力もないだろうということで、マイナンバーの欄は未記入のまま提出。すると「今回はマイナンバーの記入はされないということでよろしいですね?」と聞かれ「あ、はい、まぁ…、あの、いいんですよね?」と聞き返すと「はい、今年はどちらでもいいのですが、来年からはお願いすることになるかもしれません」と。えっ、かもしれない?その程度?と拍子抜けしてしまった。
職場での作業を終え帰宅。
先月末から我が国の総理大臣が、大阪の変なオッサンや自分の妻に足を引っ張られていることでマスコミが大騒ぎ(現政権が好きか嫌いかは別として、マスコミが一斉に騒ぐとろくなことがない)していて、今度こそ政局かと思っていた。自宅に着いてYahoo!ニュースを見ると、今日の早朝、変な髪型のおにいさんの国からミサイルが。
最近、友人がツイッターを始めて面白そうなので、口調だけでもツイッター風にしている。

|

« オバマのしるし | トップページ | 旧ブログ最後の日記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オバマのしるし | トップページ | 旧ブログ最後の日記 »